さらば花粉症、ストレスフリーに

ダナン

日本人って花粉症の人多いですよね。

 

私も御多分に洩れず花粉のアレルギーがあり

毎年 春先から夏場にかけ悩まされていました。

一度発症してから、毎年花粉が飛ぶ時期には憂鬱になっていました。

ベトナムから日本に戻ってきたのが、今年6月初旬。

帰国後は

  • コロナ対策でホテルでの自主隔離
  • 天候不順のせいで花粉が飛びにくい

ためか、あまり花粉症の症状が出ていません。

花粉症との付き合い

昔(といってもこの20年くらい前)は、

「花がむずかゆい」

「目がかゆい」

「くしゃみが止まらない」

と症状を言うだけで

日常の会話では

【花粉症】という言葉は無かったくらい

比較的新しい言葉です。

そんな花粉症と付き合う事

早くも15年くらいです。

 

以前 どの花粉に対してアレルギーがあるのか

血液検査行ったところ

定番の【スギ】に加え【カモガヤ】も

アレルギー源であることが判りました。

カモガヤはイネ科の植物で、スギと合わせ

私は毎年2~6月頃に花粉アレルギーの症状が出ます。

世界三大花粉症と世界の花粉飛散カレンダー
春の到来とともに花粉のシーズンも到来です。世界三大花粉症と呼ばれる、「スギ」「カモガヤ」「ブタクサ」の症状や被害状況と、世界各国の花粉飛翔時期をまとめました。旅先でくしゃみや鼻づまりに悩まされないために、花粉を上手にさけて旅してください!

具体的には

  • 鼻水やくしゃみが止まらない
  • 頭がボ〜っとなり集中力が途切れる
  • くしゃみ我慢するため血圧も上がる

花見の季節は外に出たくないのが正直なところで、

花見もリモートで良いくらいです。

今まで行った花粉症防護策

とは言うものの、日常生活では花粉と付き合っていかなければならず

防護策として

・マスク

・薬(服用、目薬、点鼻)

に加え

・花粉症用のメガネ

も導入していました。

花粉症対策にメガネは効果あり! 目のかゆみや充血をやわらげよう | アレルラボ
花粉症の時期に起こる、目のかゆみ、ゴロゴロする感じ(異物感)、充血、涙が出る、目やになどの目の症状。これは「アレルギー性結膜炎」と呼ばれるもので、近年患者数が増えています。

 

ただ一番効果的だったこと・・・・

それは、花粉がないところに移動することでした。

ベトナムにおける花粉症

これはベトナムに駐在したことで

花粉がない(正確には、花粉症となる花粉がない・少ない)

ことが根本的な対策になると実感しました。

なんといっても

  • くしゃみ あまり出ない
  • 鼻水 ほとんど出ない

で本当に楽、ストレスフリーなのです。

花粉症の者からすると天国です。

ただ、ベトナムには別の問題があります。

基本 日本人が多い大都市での空気が悪いです。

  • PM2.5
  • 大気汚染(特にバイクの排気ガス)

新型コロナウィルス関係なく、特にバイク乗車時マスクは必須です。

ハノイとホーチミンの大気汚染、世界1位と3位に[社会]
 大気汚染の程度を示す空気質指数(AQI)は26日午前8時50分時点で、ハノイ市がインドネシア・ジャカルタを抜いて世界1位となり、ホーチミン市も3位...

 

結論 花粉からの逃避

結局は日本・ベトナム一長一短ですが、

私の住んでいたダナンは ハノイ、ホーチミン市ほど

空気も悪くなく快適でした。

今すぐにでも戻りたいくらいです。

 

決めました。

毎年2~6月は 花粉症の症状でない地域に一時滞在するような

ライフプランを組んでいきます。

 

遅くとも年明けには海外旅行できるようになって欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました