Go Toトラベル利用で 片道3kmの極小旅行に

旅行

京都も急に寒くなってきて、東南アジアに慣れた身では辛い季節になりました。

足をゆっくり伸ばせる風呂に浸かりたいと

銭湯にでも行こうと考えたのですが・・・・

 

そうだ、GoToトラベルキャンペーンを調べてみよう!

 

とネット検索してみました。

何度目になる? GoToトラベル利用

今まで Go to トラベルを

  • 7月 京都 天橋立
  • 8月 京都 四条河原町
  •  〃  京都駅近く
  • 9月 北海道 札幌

と毎月利用してました(笑)

 

楽天経済圏なので今までは

楽天トラベルを利用していました。

 

ちなみに

7月の天橋立分は 後日還付請求の時期に

相当していたので、還付申請したものの

まだ入金はないです。

 

 

Go To トラベル を 初めて じゃらん で利用してみた

今回は じゃらん を利用してみました。

理由は じゃらんクーポンが利用できるからです。

【衝撃】じゃらんGo To トラベルクーポン、特別クーポン登場で3枚同時利用可能に!
  「じゃらんGo To トラベルクーポン」&「特別じゃらんクーポン」登場!これにより、クーポンの併用が可能になりました。 「GoToトラベルクーポン」、「地方自治体クーポン(ふっこう割)」

今回は 1,200円のクーポンが配られていましたので

これと GoToトラベル を併用することにしました。

 

なお今回の目的は 足を伸ばして風呂に入る ですので

家から近いところを選ぶことにしました。

 

四季倶楽部 京都加茂川荘

【公式】ホテル 京都加茂川荘 - 四季倶楽部
京都、箱根、軽井沢、熱海ほか全国に。温泉...

料金明細

  1泊目)

    1部屋目)

         3,740円(大人)× 1

  小計:3,740

合計:3,740円(税込・サービス料込)

利用クーポン:2,509

利用ポイント:0ポイント

ポイントやクーポンを利用してご予約され、現地で精算される場合は、

「ポイント/クーポンを使っています」とお伝えいただくとスムーズです。

ポイントやクーポン利用後の請求額になっているか精算時にご確認ください。

ポイント・クーポン利用後:1,231円(税込)

支払料金:1,231円(税込・サービス料込)

料金特記事項:京都市条例により平成30101日から11泊当り宿泊税(20000円未満:

              200円、20000円以上50000円未満:500円、50000円以上:1000円)別途頂

              きます。

今回ご利用のオンラインカード決済のお引き落とし金額となります。

支払い方法:オンラインカード決済

 

これに地域共通クーポンが 1,000円分 付くので

宿泊税の200円を考慮し 実質

計 431

の自己負担になります。

 

京都の銭湯が 450円 なので

ほぼ同額で賄えました。

【公式】京都銭湯 京都の銭湯100軒以上をご紹介 | 京都府浴場組合
京都の銭湯100軒以上を紹介する京都府浴場組合の公式サイトです。手ぶらで行けるか、深夜も営業か、露天風呂があかるなど、お好みの銭湯が検索できます。

 

ちなみに宿までは徒歩で出向いたので

交通費はゼロです(笑)

天気が良いので

賀茂川の川沿いをブラブラと歩いて行きました。

家族連れ、老人の方々・・・

三味線の稽古されているのは

いかにも京都らしい。

その昔、

  • 体育の時間
  • 部活
  • 校内マラソン

で、嫌って言うほど走らされた場所なのですが・・・

 

元は三菱健保の保養所でした

賀茂川沿いはかつて企業の保養所が多くありました。

確か 出雲路橋の方に かつて電通の保養所があった記憶が。

 

今回宿泊した

四季倶楽部 京都加茂川荘

は、元は三菱健保の保養所でした。

 

今回は賀茂川側の部屋を提供してもらえたので

気分は文豪です。

このブログもそこで書いています。

目の前の賀茂川河川敷はこんなに広々

対岸は京都府立植物園

 

宿に三菱健保の保養所だった証が残っていました。

三菱マークの入った手水鉢です。

大浴場から見える坪庭にありました(笑)

 

 

親が三菱関係だったこともあり

ずいぶん昔、ここへ

すき焼きを食べにきた記憶があります。

それ以来の利用でした。

 

到着時と早朝の2回入湯し、

朝食を取り帰路につきました。

帰路ももちろん徒歩でしたよ。

マイクロツーリズムの最たるものでしたが

気分転換には最適でした。

星野リゾートの「マイクロツーリズム」近所旅行のススメ|星野リゾート
知ってそうで知らない地元の魅力。近くにあるのに、まだ体験した事のない、心躍る体験や知られざる特産・名産・伝統工芸。見たことのない景色、触れたことのない文化、食べたことのない料理・・・。自宅から30分〜1時間で行ける範囲の旅行「マイクロツーリズム」で地元を再発見しませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました